坂の上の雲のマニアック

坂の上の雲のマニアックの感想|カジノの歴史

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」では、戦艦三笠ロケセットが 2009年7月18日にグランドオープンした石川県加賀市の「日本元気劇場」に、原寸大の戦艦三笠が再現されたということです。まさに「坂の上の雲」は壮大なる予算でスタートすることになります。今日は坂の上の雲のマニアックの感想とカジノの歴史、そしてオンラインカジノがどうやって日本で人気になったことについて紹介したいと思います。 「坂の上の雲」とは、 維新を経て、近代国家の仲間入りを果たしたばかりの「明治日本」と、そこで生きる主人公たちを軸にした歴史小説です。その中で、楽天家たちがいきいきと描かれています。 坂の上の雲」というタイトルは、 目の前の夢、目標を見つめながら実現に向けて進んでいく明治人の姿をあらわしているのでしょう。やがて、いきいきと生きる楽天家たちは、日露戦争というとほうもない大仕事に飛び込んで行ってしまうことになります。 しかし、それでも、いつも前のめりになって生きていたということができます。のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲がかがやいているとすれば、それを彼らは見つけてただひたすらのぼって行ったのです。 「坂の上の雲」で活躍するのは、秋山好古、秋山真之、正岡子規の三人です。そして周囲を、夏目漱石、伊藤博文、東郷平八郎と言ったそうそうたる人物が囲むことになります。 彼らは、 伊予水軍の末裔であり、其々の能力で「坂の上の雲」に奇蹟を描こうとします。正岡子規は、一人は病魔と闘いながらも俳諧の革新に挑み、秋山好古は、 日露戦争で世界最強といわれたコサック騎兵を撃破します。そして、秋山真之は、その弟で、 帝国海軍参謀として「無敵艦隊」と呼ばれたバルチック艦隊を撃破します。 この時代、身分や裕福さなどは関係なく、まさに実力の世界であり、ひとすじの雲を目指して、若者は坂を駆け上っていったのです。様々な高い志を持つ行動力の高い若者たちが登場することになります。 それは、現代社会にも繋がることであり、 通信やインターネット関連にともない様々な起業が増えるものの、長期的に見れば、勝つ人物・企業は、変化に対応できるものたちなのです。 ダーウィンは、「残るものは、強いものでもなく、賢いものでもない。変化に対応できるものだけが残る」といい、まさに、坂の上の雲とはそのような行き方のことを語っていたのです。 どのような変化にも対応出来る能力って、ギャンブルの更に先へ行くものかもしれません。そこには、ギャンブル性が全く存在しないとはとてもいうことができせん。 現代社会において、ギャンブル・オンラインカジノができないようでは、この時代、 変化に対応できるものに対応することができないのではないでしょうか。カジノにも歴史があり、オンラインカジノもいま、歴史の中のひとつに加わろうとしています。まさに、カジノの歴史の中にも、カジノ体験をする様々な人たちにも、もうひとつの坂の上の雲が存在していることでしょう。

「広瀬武夫」人物評伝

広瀬武夫の大食漢 広瀬武夫が17、8歳で、まだ海軍士官でなかった頃の話です。 広瀬は鰻丼なら5杯、お鮨なら10人前を平気で食べる大食漢であったそうです。 ある日、広瀬武夫が東京本所区花町のお祖母さん(継母のお母さん)の家に遊びに行った時のことです。 お祖母さんは、お茶を入れて上げたのでしたが、生憎とお菓子が無かったので、一斤(600グラム)ほど砂糖の入っている大きな瓶を差し出しすと、武夫はお茶を飲みながら、ポツポツと砂糖を舐めていました。 流石にお祖母さんは可愛い孫がわざわざ来たのに、美味しい物が無いのは気の毒だと思い、 「武夫さん、ちょっと待っておいで、今お汁粉を買って来てあげるから」 と云って家を出て、近所の汁粉屋から、30銭程のお汁粉を買って鍋に入れ、それを下げて家へ帰って来ましたが、田舎汁粉の事だから甘くなかろうと思い、 「武夫さん、このお汁粉を美味くして上げるから、砂糖の瓶を持ってお出で」 と云うと、武夫は笑いながら 「お祖母さん、ダメだよ、もう砂糖はすっかり舐めてしまった」 と云ったので、お祖母さんはすっかり呆れて、 「おや、おや、おや、一斤の砂糖をおまえ一人で舐めてしまったのかえ、それでは仕方がないから、甘くないお汁粉で辛抱をし」 と云い、お汁粉の鍋をそこへ置き、今度は夕飯の支度に台所へ行きました。 しばらくして武夫の側へ帰って見ると、お汁粉の鍋はいつの間にかすっかり空になっていました。お祖母さんは、またまたびっくりして 、 「おや、おや、おや、おや、お前、30銭のお汁粉を一人で食べてしまったのかえ、それではもう夕飯はたべられますまい」 と云うと、武夫は平気で、 「いいえ、僕は夕飯がどんなご馳走か楽しみにしています」 と答えたといいます。   広瀬武夫と清水次郎長 かって海軍軍人が駿州の清水港に上陸したことがあった。 その時50名程打連れて、名代の侠客清水次郎長親分を訪ねた。 ところが、次郎長は一同を見渡して、 「イヤこう見たところで男らしい男は一匹もいねーな」 と傍若無人に言い放った。 あまりの暴言に、度肝を抜かれていると、座中の中から一人の若い士官が現れて、 「おうおう、そう言うなら、一つ手並みを見せてやるから、びっくりするな」  と言いはなち、いきなり鉄拳を固めて、自分の鳩尾(みぞおち)を5、60発程続け様に撲った。 これには次郎長もほとほと感心して、 「なるほど、お前は男らしい」  と云って、それからお互いに胸襟を開いて話をしたという。 この男らしい男は即ち軍人らしい軍人としてその一生を終った広瀬武夫その人であった。   広瀬武夫、友人財部彪の結婚を反対する 広瀬武夫と財部彪は海軍兵学校の同期(15期)でもあり、互に認める友人であった。 その財部彪が山本権兵衛海相の娘を娶る事になった。広瀬はその報に接して驚き、 「これはいかん、財部のためにはなはだ不利益な結婚だ。これは止めねばならん」 と山本海相の邸に走る。山本海相に面会することができた広瀬は、海相を前にして声大にして曰く、 「財部はご承知の通り海軍部内の秀才です。前途多望の男です。一身の栄達は固より期して待つべきで、僕等友人の固く信ずる所です。然るに今度お娘子と結婚の約が調ったそうですが、今財部が海軍大臣の娘婿となるにおいては、今後財部が自分一個の力によって、官職は位階の昇進する事があっても、世間ではこれを以て全く海軍大臣のおかげであるとする。海軍大臣の娘婿であるからだとして、非難こそあれど、誰も財部の技量を認める者はいないでしょう。だからこの結婚は財部の為に甚だ不利益で、財部の為に惜しまざるを得ません。この結婚は破談にして戴きたいことを僕は切に希望します。僕は財部の友人として、衷情黙視するに忍びないからお諌めに参りました。」 と結婚の中止を諫言した。 しかし、広瀬武夫の諫言は聞き入られず、財部は山本海相の娘婿となる。   ロシア婦人と腕相撲をして負ける 広瀬武夫がロシア駐在中の話。広瀬はいろいろの競争をしてもロシア人に負けたことが一度もなかった。ある日、腕力のすぐれた一婦人に出会い、その婦人と腕相撲をしたが、相手を見縊ったせいか不幸にして負けてしまった。 「女に負けた!いくら強いからとて、敵は女ではないか、日本の軍人が女に負けたというのは如何にも残念だ。何という恥かしいことだ。」 と、歯を噛んでとても悔しがった。そして腕組みをしながら独り言を言った。 「如何にも遺憾千万だ。どんなことがあってもこのままには置かれぬ。何とかして取り返さねばならぬ。彼も人だ、我も人だ、ましてや彼は婦人である。我は男子も男子、天晴れ日本の男子だ。改めて勝負をしょう。うんと腕を鍛え上げて、日本男子の恥辱をすすがねばならぬ。」 こう思うと、広瀬は毎朝早く起きて、鉄亜鈴を振り回し、二週間余り懸命に腕力を鍛えた。 これなら大丈夫と思うと、再び婦人に戦いを挑んだ。僅かの間の練習ではあったが、広瀬の腕力は驚くべき進み、今度は何度競争してみても、いつも広瀬が勝った。さすがに腕自慢の婦人も、とうとう泣き出してしまったそうである。 例え相手が誰であろうと本気も本気、決して冗談半分でやるというようなことはしない。負けず嫌いな性質である上に、意志が非常に強くて、何でも思い込むと、どんな苦心をしても必ずそれを成しとおさなければ止まないという広瀬武夫でした。 戦記名著集 熱血秘史 第7巻「広瀬中佐」より

スペシャルドラマ「坂の上の雲」

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」、戦艦三笠ロケセット 2009年7月18日にグランドオープンした石川県加賀市の「日本元気劇場」に、原寸大の戦艦三笠が再現されました。こちらの戦艦三笠は、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のロケセットとして正式に決定しており、横須賀の戦艦三笠を見事に再現しています。 戦艦「三笠」フォトギャラリー 撮影予定は2009年9月と2010年5月の予定となります。   スペシャルドラマ「坂の上の雲」、第13回(最終話)「日本海海戦」のロケ現場 (2010年5月27日撮影) ▼北海道ロケ ロケ地 場所 主な撮影シーン サロベツ原野 北海道天塩郡豊富町 2009年11月16日~12月8日の予定で日露戦争陸軍戦地・旅順攻略のシーンを撮影 ▼東北ロケ ロケ地 場所 主な撮影シーン 安積歴史博物館 福島県郡山市 海軍兵学校の生徒役として参加し、食堂でカレーライスを食べる設定の撮影 旧滝沢本陣 福島県会津若松市 藩学校(大原観山の私塾)の撮影 会津武家屋敷 福島県会津若松市 佐久間家 旧松山藩藩主久松家など 會津藩校日新館 福島県会津若松市 松山のお囲い池 天鏡閣 福島県猪苗代町 佐世保・水交社 長崎の佐世保でパーティー会場から抜け出した秋山真之が東郷平八郎に出会うシーン ▼関東ロケ ロケ地 場所 主な撮影シーン ワープステーション江戸 茨城県つくばみらい市 秋山真之と正岡子規が学生時代に野球をする場面の撮影、夏目漱石も登場 憲法発布にわく東京市 正岡家 ロシア皇太子が襲われた大津事件の舞台 陸軍士官学校馬場 旧堀田邸 千葉県佐倉市 秋山真之と稲生季子のお見合いシーン 千葉県立房総のむら 千葉県栄町 児玉源太郎が、休職中の乃木希典に現役復帰を促すため、隠居先の那須野を訪れるシーン 蕉雨園 東京都文京区 秋山真之と稲生季子の結婚式のシーン […]